BLOG

京都のおひなさまは男雛、女雛の並びが左右逆

Pocket

イラストレーションにおいてひなまつりのシーンで

おひなさまを描く場合、ひな人形の資料を確認すると

たいてい多くは男雛が向かって左、女雛は向かって右です。

 

しかし京都だけは逆の、男雛が向かって右、女雛は向かって左なのです。

 

実は日本古来からの伝統的な並びでは、

京都のように向かって右側が男雛、 これが上手として、標準だったそうです。

それが昭和3年に昭和天皇が世界に向け最高の皇室儀礼である

即位の礼(皇位継承)を執り行われた際に、西洋の慣習にならい

天皇陛下が向かって左に、皇后陛下が向かって右にお並びになり

それを機にひな人形業界でもお内裏さまの配置並びが逆になった そうです。

 

しかし伝統を重んじる京都だけはその潮流には乗らず、

古来のひな人形の配置並びを今も使用していて、

そのため、京都のおひなさまは男雛、女雛の並びが左右逆という

ことになってしまっているのだそうです。

 

そのような経緯を何も知らず、いままで何の疑いも持たずに

男雛を向かって左に描いていましたが、これからは

クライアントが京都かどうか、また左右の並びについて最初に

確認する必要があるかもしれませんね。

 

150302hinamaturi

 

あられはやっぱり、とよす。ということで。

Pocket

2015-03-03 | Posted in BLOGNo Comments » 
Comment





Comment