BLOG

バットマンとバードマン、あるいはバードマン。

Pocket

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

 

birdmanposterTOHO-1

 

この映画を観れて良かった。
「こんなに長いワンカットは見たことが無い」と評されるほど

まるで終日間長回しをしたかのようなような長い長いワンカット、
追いかけるように撮ることで実際その場にいるかのような
臨場感あふれるハンドカメラワークや独創的な時間軸と場所移動の表現方法。

NYの街中を飛び回るシーンではドローンカメラや
CGを駆使したと思われる 縦横無尽のカメラワーク。

それらも斬新で素晴らしいが、そんな技術的なことを抜きにしても、
出てくる役者が皆巧い。迫真の演技が観客の心をつかんで離さない。

…これは映画の台詞なのか、それとも劇中の台詞なのか。

現実と夢が混ざり合い、混乱し、 主人公と一緒に
観客も今どこで何が起きているのか、訳が分からなくなる。

…そして、気がついたら空を飛んでいた。

 

150505batman&birdman

 

幕が開けて冒頭からん? なんだ、なんだ? とラストまで
息をつかせず一気に引き込まれるストーリー展開。

これはぜひ公開中にスクリーンで見るべき映画だ。

苦悩する中年の俳優役である主演のマイケル・キートンがとんでもなくセクシー。

アメリカでは誰でも知っているスーパーヒーロー映画

『バードマン』(おそらくバットマンのこと)にかつて主演し人気を博した、
今は落ちぶれた俳優リーガン・トムソンが苦悩しながら再起をかけて

ブロードウェイに挑戦する、開演までの数日を描いた内容だが、

マイケル・キートンもかつてティム・バートン監督版のバットマンを演じた俳優だ。

 

640x1002birdman movie poster

 

本作は主演男優賞こそ逃したものの、アカデミー賞4部門。
前評判がとても良かったので楽しみにして観たが、本当に良かった。

名作とはこういう映画のことをいうのだろう。

激しいドラムはまるで、主人公と観客のドキドキする心臓の音のようだ。
エンドロールが終わってもなお、頭の中にドラム音が鳴り続けていた。
もしこのドラムが無かったら、本作はまた違った印象になっていただろう。

見終わった後にバーボンウイスキーをストレートで飲みたくなった。
作中に出て来たような渋いバーに入り、勧められるままモヒートを注文した(あれ?)。

Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance) (2014)

Pocket

2015-05-05 | Posted in BLOGNo Comments » 
Comment





Comment