時事☆放談

時事☆放談『羽生結弦選手VSじぶん』

Pocket

 

 

今日の時事☆放談。

 

世界フィギュア2017で羽生結弦選手がフリースケーティングの

世界歴代最高得点を更新し、優勝した。

ため息の出るような美しい演技だった。

 

どれだけ日々過酷な練習を重ねても大舞台で結果が残せないこともある。

フィギアスケートは氷上にたったひとり。

誰も助けてくれない。繊細で孤独な競技だ。

 

大観衆が見守る中、緊張感のある演技が続く。

そのプレッシャーはいったいどれほどだろう。

羽生選手も最後はメンタルの部分、自分自身との戦いだと語っていた。

 

その結果、ノーミスどころかすべてのジャンプが高得点で

世界歴代最高得点を更新して優勝! 

羽生選手の安堵感と達成感の入り混ざった、本当に嬉しそうな笑顔が印象的だった。

 

「皆さんが私に自信を与えてくれた。皆さんに私の最高の演技を

見せられないこともあり、それは本当に悲しいこと。

ただファンの皆さんが喜んでくれたのだったら最高にうれしい」

というコメントで場内から大歓声が上がったという。

 

おめでとうございます! 素晴らしい!

 

 

点数を待っている間、お気に入りのくまのプーさんの

ぬいぐるみ脇の所を抱えて待っている姿がとても微笑ましかった。

 

Pocket

2017-04-02 | Posted in 時事☆放談No Comments » 
Comment





Comment