時事☆放談

時事☆放談『トランプ大統領とミッフィー』

Pocket

 

ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナが亡くなりました。

絵本作家であり、とてもきれいな色遣いのデザイナーでもありました。

3.11「東日本大震災」では、あえて着色はせず鉛筆で描いたという

涙を流すミッフィーとメッセージを被災地の悲しい思いをしている子どもに

向けて送ってくれました。とても心を打たれたのを覚えています。

震災に涙するミッフィー

 

幼い頃、ミッフィーの邦題である絵本「ちいさなうさこちゃん」や

「こいぬのくんこん」がうちにあり、ボロボロになるまで読んだのを覚えています。

思えば絵でもなく、マンガでもない、イラストレーションという存在にはじめて

触れたのは、うさこちゃんやくんくんが最初だったかもしれません。

習字で一の字を書くのが難しいように、シンプルなものがいちばん難しい。

ブルーナの絶妙なフォルムと色遣い、包み込むような優しい表情は、

昔からずっと大好きです。またブルーナ展、やってほしいな。

 

今日の時事☆放談。

あらあら、トランプ大統領もミッフィーが好きだったんですかね。

「うそだ〜! そんなニュースは偽物だ! お前はクビだ!」

と泣き叫んでおります(クビってなんやねん)。

 

ところで。

トランプ氏を初めて見たとき、何とも言えない違和感があって、

それがなんなのか分からないままテレビで探偵ナイトスクープを見ていたら、

最高顧問、浪速のモーツァルトことキダ・タロー先生が出演していて、

 

「…あっ…」

 

違和感の謎が解けたのはここだけの話です。

 

Pocket

2017-02-20 | Posted in 時事☆放談No Comments » 
Comment





Comment