WORK

週刊ポストのイラストレーション11

Pocket

小学館週刊ポストの短期集中連載イラストカットを

描いた第11回の号が発売になりました。

政治経済の難しい内容をユーモアを交えて描いて欲しいという

とっても楽しいお仕事です。

以前10年以上、EXAMINER誌で時事放談イラストカットを

やっていたので、こういうの、実は得意です。

 

1510shukanpost11

 

今回は安倍首相が提唱する国家戦略、「アベノミクス新三本の矢」でした。

旧「アベノミクス三本の矢」は

「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「投資を喚起する成長戦略」の3つでしたが、

 

新しい「アベノミクス新三本の矢」は

「強い経済」「子育て支援」「社会保障」です。

 

以前の戦略がが喫緊の経済最優先だとしたら、

新しい三本の矢はより国民生活に寄り添ったものといえるでしょう。

 

イラストレーションは安倍首相が日本の弓道の弓に三本の矢をつがえ、

それぞれの矢が「経済」「子育て」「社会保障」を表しているというものです。

弓道よろしく、ジャケットの左袖をあらわにして、シャツのポケットの

日の丸が見えているところがミソです。

 

三本の矢をいっぺんに放つのか、それとも一本ずつ放つのかは

わかりませんが、ぶれること無く、しっかりと射ていただきたいところです。

 

ところで洋弓と和弓の違いは、

洋弓はいわゆるロングボウと呼ばれる剛健な造り、

和弓は神器を元にしたしなやかで美しい造りが特長です。

 

洋剣と和剣、サーベルと刀もそうですが、

日本の武器は古来の神器を基とする物が多く、

堅さよりも柔軟さ、美しさを重視しています。

 

安倍政権は賛否両論ありますが、

経済や安全保障の国益を考えたとき、少なくとも一連の民主党政権より

良くなったことは間違いありません。

 

強くしなやかな政治でデフレ脱却、戦後レジュームからの脱却、

改憲はこれまた賛否両論あるのでしっかり論議を尽くして、

そして国民一丸となって2020年東京オリンピックへ向けて

勢いよく進んで行ければ良いと思います。

 

やりなおしエンブレム、応募すれば良かったと今になって思います。

どうなるのか楽しみです。

 

 

Pocket

2016-02-08 | Posted in WORKNo Comments » 
Comment





Comment