BLOG

節分の豆、給食と夜で年の数以上食べていた

Pocket

2月3日、節分でした。

 

僕が子どものころは学校給食でも袋に入った豆がついており、

家に帰ったら父親が鬼となり、姉弟プラス母親連合で

「オニは〜そと〜フクは〜うち〜」と、豆まきをして、

後片付けの後、年の数だけ豆を食べた記憶がありますが、

いつのころからか、行わなくなりました。

 

あ、今ふと思いましたが給食の豆と夜に食べた豆で

年の数以上食べていたかも…! やってもた〜

 

今の子どもは節分の豆まき、やっているんでしょうか?

 

恵方巻きばかりが流行って、節分の豆まきは年々廃れているような気がします。

 

そりゃ、豆よりもすぐ後のビッグイベントであるチョコレートを

売った方が儲かりますからね。それはわかります。

 

ですが鬼の心情としたらやりきれないですね。

 

そもそも本当に乱暴狼藉を働いていた酒呑童子や桃太郎に退治された

鬼ヶ島の鬼なら、自業自得と言えますし、しかたないですが、

 

節分という年中行事はある種お決まり事、お約束事じゃないですか。

吉本新喜劇のような、日本人の大好きな様式美。

 

わかっていて、ノリツッコミ、、みたいな。

 

「悪い子はいねがー」の秋田のなまはげだってそうですが、

節分の鬼だって、年中行事としてあえて悪役を引き受けてくれている

ということです。別に普段、悪事を働いているわけじゃないんです。

 

そもそも本物の悪い鬼は節分という定期的なイベントに

わざわざ豆をぶつけられにやって来てはくれません。

 

やってきてわざとやられてくれるということは、良い鬼なのです。

 

ただでさえ見かけが怖くて黙っていたら誤解されやすい風貌です。

だからせめて節分という年中行事に悪役を買って出てくれて、

地域の人とふれあいたいと思っているのです。

 

なのに。

恵方巻きは食べても節分の豆まきはしないというお宅、

多いのでは無いでしょうか。

 

本当は気が弱くて意見を大声で言えない良い鬼の

フクザツナ心中を思うと、「節分は日本のハロウィンだ!」

なんて誰か影響力のある人が声を上げて、日本全国をあげて

必ず行う行事として復活しても、いいのではないでしょうか。

 

実際、僕が子どものころは節分の夜は、近所のどの家も

窓を開け放って豆まきを行いますから、凍える冬の夜、

町内のあちらこちらから高い声で

「オニは〜そと〜フクは〜うち〜」が大輪唱のように

聞こえてきて、今から思うと昭和終期の良い時代だったなあと、

ふとしみじみ思ったりするのです。

 

1602otsukaresama

 

 

毎年寿司屋で買っていましたが、今年の恵方巻きは

近所のローソンで買い求めました。

けっこう美味しかったです。

 

福は内。国土安穏や五穀豊穣などを願うものだそうですが、

国レベルで考えるといつ隣国からミサイルが飛んでくるかもしれなく、

TPPは今後の重要な詰めの交渉が不安な状況です。

 

豆を40粒か…。

酒のアテとしてなら食べれるな…。

 

 

Pocket

2016-02-04 | Posted in BLOGNo Comments » 
Comment





Comment