BLOG

40歳のきもち〜サルも明けましてオメデトサーン〜

Pocket

はじめに、今日は酔ってるかも。すみません。

 

年末に40歳になってすぐに新年を迎えます。

 

15歳のときは自分が30歳になるなんて想像もできなかったから、

40歳なんて、もっと未知の領域でした。

 

というか、大物ぶって売れっ子になって27歳くらいで

非業の死を遂げるのかも、なんて思っていました(オオバカ)。

40歳なんて永遠にやってこないと、思っていたのです。

実力も無く努力もしないくせにどっから来るのかわからない自信。

 

だけど、いざ40歳になってみると、、それほど悪い状況じゃ、ない。

むしろ、いい感じじゃないか?

このあいだそのことに気がつきました。

 

代表作があるわけでも無く、無名ながらも半分意地で

コツコツずっと続けてきたことでゴハンが食べられています

(本当に本当に有り難いことです)

 

参考にしなさいと新聞の政治経済コラムの風刺画を切り抜いては

スクラップして送り続けてくれた母。

 

無理して身体壊さないでよ、来年も頼むよ! って言ってくださるひとがいます。

 

奥さんの誕生日に、はやはらのイラストをプレゼントしたいんだけど、

仕事として描いてくれるか? なんて言ってくれた遠くの友だちがいます。

 

僕より腕があっていつも喧嘩になるくらい熱い議論ばかりしているのに

オレは絵が描けないデザイナーだからどこかで行き詰まるときがあって、

ホントはお前がうらやましいんだと言ってくれた、友だちがいます。

 

これからもイラストでたくさんのひとを楽しませてください、と

言ってくれた、別れたひとがいます。

 

本当に運やたくさんのひとに恵まれて、助けてもらって、ここまで来ました。

 

そのことに気がついたとたん、もっと描きたくて描きたくて

たまらなくなりました。

 

僕は決して絵がうまいクチでは無いですし、ここから飛躍的に

技術が向上して超絶なうまい描き手になることはないでしょう。

 

案件を吟味して状況に応じてこれまで培ってきた経験の引き出しを開けて、

 

WEBや本や冊子を手に取った方が楽しんでくれることを想像しながら

クライアントの希望にプラスしてあれやこれやアイデアを考えて

 

隠し味として何か刺激のあるスパイスや甘いあそびごころを加えて、

プラスアルファでこんなふうにできましたよ、いかがでしょう、

とやることができるだけです。

 

40歳ともなれば、野球選手で速球投手が堅や肘に負担のかからない

変化球投手としてストッパーに転向するように、

 

クリエーターとしては、若い優秀な人は毎年どんどん出てきて

いつまでも第一線でガンガン不眠不休でガンバル! というわけには

いかなくなってくるでしょう。

 

身体も頭脳もこれからはゆっくりと降下していくのですから。

 

そうしたら、今後の仕事のあり方と共に、これからの人生をどう生きるか、

どういう風に毎日を送るのが豊かな人生なのか、ということを

考えるようになりました。

 

そもそもどうして自分はイラストレーションを描いているのか、

デザインしているのか。

 

これからは成熟した大人の男性としての有りよう、気持ちの持ちよう、立ち振る舞い、

そういうものを身につけ、自然と言動や行動に表れるようになって、

 

そしてそれがいつしかイラストレーションやデザインに「深み」や「味」として

醸し出せるようになればいいと思います。

 

結局それしか、若い人のエネルギーや感性に対抗できる術はないですから。

 

これまで時間が無いせいにして、できないと思っていた新しいことにも

挑戦していきたいです。いくつかありますが、今年はチャレンジしてみます。

 

フリーランスは仕事がパンパンに入っていないと不安で不安で仕方ありません。

 

でも大丈夫。何とかなるんです。

 

自分のことをする時間が持てるような余裕のある毎日にしたいです。

自分を気遣えないと、ひとのことも気遣えません。

それに、気持ちも身体もいつまでも無理はききません。はい。

 

そういえば来週人間ドックだ〜。今年はなにやら40歳健診というコース。

毎年言ってますが、何ともなかったらいいなあ〜。

 

1601attakaine

 

サルも明けましてオメデトサーンと言っております。

久しぶりに箕面の滝のサルに会いに行こうっと。

 

 

Pocket

2016-01-01 | Posted in BLOGNo Comments » 
Comment





Comment