時事☆放談

時事☆放談『トランプTwitterダメダメ』

Pocket

「トランプTwitterダメダメ」米連邦議会議事堂への乱入を受け、Twitter、Facebookがドナルド・トランプ大統領のアカウントを凍結。これは今のところ、永久的なものになる見込みだ。正月早々アメリカは大混乱。

Googleも就任式が終わるまでは政治的な広告の全面禁止という、異例の措置をとっている。

アメリカ大統領が内政干渉すれすれの他国のことや、自分の一方的な主張をこれだけバンバンツイートしてきたこの4年間も、え、え、そんなことツイートしちゃってだいじょうぶ!?と本人よりもまわりのほうがハラハラしちゃう状態だったけれど、本人はいたって強気で、回りくどい下準備よりよっぽど早くてスムーズだ、なんて思っている。

コロナが無ければまず間違いなく再選していただろう。選挙システムの違いだが、7400万人の人が投票した、。これは歴代大統領の中でトップだそうだ。中国への牽制もしっかり効いていた。

50年ぶり失業率3.5%へ、雇用を増やし所得平均を向上、日本へは国連演説で拉致問題に言及してくれたり、給料は1ドルしか受け取らず後は寄付、ビジネスマンらしい発想と行動力、交渉術で思い切ったことをスピード感を持ってやって来たという印象はあるが、プラスマイナスで差し引きして、どれだけのことが国益になったのだろうか。トランプ政権が正しかったかどうか。その総括はこれから検証されて評価が明らかになるんだと思うけれど、とりあえず今のところ、過去最悪と言われるくらい、国内は分断している。

4年後にまたホワイトハウスを目指すというなら、ここは潔く負けを認めてバイデンさんにエールを送った方がいいだろう。不正の決定的な証拠があるなら速やかに開示すべきだ。

コスプレのような衣装で議会議事堂に押し入って暴動で暴れていた者たちはトランプ支持者ではあるのだろうが、政策や不正選挙の主張と言うよりも民族運動などの色が濃く、なんだかとにかく暴れたい、アピールしたいだけのように見えた。

12時間のペナルティ解除後、「就任式には出席しない」というツイートが、文字通り出席拒否の意味と、自分はその場所に不在である、という支持者への暴動の暗喩であるとしてTwitter社はトランプさんのアカウントを永久に凍結、Facebook社は無期限停止(少なくとも就任式が無事終わるまでは)することを決定した。

トランプさんはどうしてもあと4年、やりたかったのだろう。昨年の春の段階では圧勝とも言われていたし、コロナも含め不運な流れになったと言える。だけどだけど。選挙をやって、勝てば良し、負けたら不正があった、認めないって、それは通らない。小学校の学級会でも通らない。

そういうワガママでゴーイングマイウェイ的なところが魅力ではあったのでけれど、今度のことで超えてはいけないラインを超えてしまった。4人の死者が出た。それもあろうことか議会議事堂の中で。トランプさんは、責任を感じなくてはいけないし、世界のリーダーアメリカのトップとして、潔い幕引きを考えて欲しい。

…と、ここまで書いたところで気になるニュース記事が。

アメリカの世論調査で、32%の人がバイデンは「正当に勝利しなかった」と回答したとのこと。また、トランプ氏の支持者が議事堂を襲撃したことについてトランプ氏の責任が「まったくない」と回答した人も28%だったとのこと。

トランプさんには「何があってもぜったいにトランプを支持する!」鉄壁の支持層が3割存在すると言われている。その割合は大統領就任時から4年間ほとんど変わっておらず、おそらく今後もキープされるだろうとも。

選挙は水物で、何が起きるか分からないというけれど、不正選挙だという主張については証拠が出てこない以上どうしようも無いと思うが、少し前の日本みたいに言葉尻や揚げ足取りで1年単位で総理が交代していた事を思えば、4年間あれだけハチャメチャな人物に盤石の固定支持層が3割キープって、すごいことだと思う。

4年後、トランプさんは今のバイデンさんと同じ78歳。超高齢だけれど、健康で志あるならば、再度挑戦するだろうか。

ひとまずはおつかれさまでした。

4年後か。オリンピック、どうなってるんだろうなあ。

#トランプ

#バイデン

#大統領

#Twitter

#Facebook

Pocket

2021-01-20 | Posted in 時事☆放談No Comments » 
Comment





Comment