時事☆放談

時事☆放談『野菜高騰!花より団子、肉より野菜』

Pocket

 

昨年に続き今年も野菜の高騰が続いている。

日照不足や長雨、寒波の影響だそうだ。

 

特に葉物野菜の値段はちょっと考えられないくらい高い。

普段の4、5倍は平気でする。

なんなら肉の方が安いくらいだ。

 

秋ごろからどんどん野菜の値段が高くなっていって、

ニュースでは年が明けたら落ちつくかもということだったので

まあしばらくの辛抱だな〜と思っていたら、もう3月。

一時に比べると少し価格が戻ってきているような気もするが、

まだまだ気軽に買える値段ではなく、半年近くも高騰が続いている。

 

スーパーの野菜売場でも、ほとんど手に取っているひとは見かけない。

だってキャベツが500円! うそでしょ?

この冬、結局野菜の入った鍋は、1回しかしなかった。

だって店で食べるよりよっぽど高く付くから。

 

みんなどうしているんだろう。

 

飲食店も、食品業も、それから生産者の方だって死活問題だ。

早くいつもの値段に戻ってくれるように願う。

我々だって、高いからといって栄養的に野菜を摂らないわけにはいかないので

この数ヶ月、野菜不足を補う色んな方法を試してみた。

 

【青汁】

まず試したのは青汁。前からたま〜に飲んでいたけど、毎日1包飲むことにした。

山本漢方製薬の大麦若葉粉末、50袋くらい入って1000円くらいのものだ。

最初に「まずい!もう1杯!」のCMで流行したときは本当に青臭くてマズくて、

良薬口に苦し、みたいなマズいんだから効くでしょ的な感じがあったんだけれども

最近の青汁は全然青臭くない。牛乳や豆乳で割ったり、リンゴ酢や野菜ジュースで

割るのも良いけど、単純に水に溶かして飲んでもそこまでキツくはない。

ただ、プロテインやDHCダイエットとかで必要な、粉を溶かすPETのシェイカーで

よ〜く混ぜた方が、飲みやすい(粉がダマになってるとのど当たりが悪いから)。

 

【乾燥野菜】

毎日青汁を飲んでいたら栄養的にはまあ事足りると思うけれど、

煮物、汁物に野菜を入れたいけどないよなって時に手軽な乾燥野菜。

はじめはスーパーの乾物コーナーにある味噌汁用の乾燥野菜が安いし

多用していたのだけれど、そばやラーメン、スープに入れるときには

わかめや麩、薄揚げが要らない。そこで業務用の乾燥ミックス野菜で

それらが入っていないもの、また乾燥キャベツや乾燥白菜、乾燥ねぎ、

などを試した。煮物に足しても良いし、炒め物にも使えてたいへん便利で

場所も取らないし、保存期間も年単位と長い。

特に良かったのが乾燥にんにくで、使う前に水で戻せば実際の切り立てとほぼ遜色なく、

現在うちの保管庫には業務用の大袋に入った乾燥にんにくが1年分くらいある(どんだけ〜)。

問題点は、味噌汁用ならインスタント的に後入れでさっと柔らかくなってくれるが、

業務用はさすがにものすごくしっかり乾燥されていて少し湯につけた程度では

固くて食べられないこと。しっかりと数分湯につけるか煮る必要がある。

水に浸けてレンジで3分、2分放置といったところだろうか。

乾麺のパスタほどではないが、乾麺そばやうどんなど、5分程度の煮込みが必要だと

思ってもらえれば分かりやすい。

 

【冷凍野菜】

スープや煮物など汁物であれば乾燥野菜で十分だが、乾燥野菜のきざみの大きさは

ものすごく小さい細切れだ。

パスタとあえる、肉と煮込む、ゴロゴロシチューやスープ、野菜グリルなど

メニューによってはやはりしっかり形を残してその食感を楽しみたい。

そこで業務用の冷凍野菜を試してみた。

業務スーパーだと安い代わりに中国産やベトナム産が多いが、

ニチレイやマルハニチロはやっぱりすごい。国産がほとんどだ。

まあ、冷凍餃子事件の時は命に関わるとびびったが、今はそこまで気にしていないけれど。

冷凍キャベツ、冷凍白菜、冷凍ほうれん草、冷凍ミックスベジタブル、

冷凍ねぎ、冷凍南欧野菜カットなんてのも試してみた。

冷凍なので解凍してスピナーで水気を切ればほぼ洗い立ての野菜と変わらない。

めんどくさかったら温料理ならそのままぶっ込んでもかまわわない。

ねぎなどは青臭い匂いがけっこうキツいので、添え物の時は水にさらすか

湯通しした方が良いかもしれない。

問題は、冷凍しても小さくなるわけじゃないので、かさが張ることだろうか。

今うちには冷凍ねぎ、ほうれん草、ミックスベジタブルそれぞれ1kgの大袋があり

とてもじゃないが冷凍庫に入らないので悩みに悩んだ結果、ついに追加で60Lの冷凍庫を買った。

(めっちゃ便利、もっと早く買っとけば良かった)

 

【カット野菜】

野菜高騰でカット野菜がめちゃくちゃ売れているらしい。100円でそこそこの量が

入っているのでとても助かる。ただ、原料の野菜価格だって高騰しているわけで、

カットしてパッキングする費用と合わせると作れば作るほど赤字だそうだ。

需要があることは分かっているので、何とか生産を続けたいと、ニュースで

メーカーさんが話していた。すまない…。そして、ありがとう。めちゃ助かります。

キャベツ、白菜のカット野菜を買ってきて、そのまま冷凍庫で冷凍。袋から

少しずつ使う。安いし、コンビニでも買えるのでお手軽。ただ量がちょっとなので

その場しのぎにしかならないのと、葉物のカット野菜はキャベツと白菜くらいしかない。

そこで考えたのが、たとえばキャベツ、カット野菜は1玉の1/8くらいの量で100円だ。

だったら半玉300円くらいで買って、自分でカットして冷凍した方が安上がりかも、と。

白菜は全然うまくいった。一番安い1/8で100円のものでも、カットしたら冷凍袋2枚分

くらいの量がある。カット野菜の量は思っていたより少なかったんだなあ。

白菜は良かったんだけれど、キャベツは1日すると茶色く冷凍焼けしてしまった。

出荷用の冷凍野菜は急速冷凍するので冷凍焼けしないらしい。

カット野菜を冷凍したものも、必要な分だけ使ってクリップで留めていても冷凍焼けしない。

袋詰めをしっかりしているので空気にあまり触れず、大丈夫なのだと思われる。

カット野菜の冷凍焼けを避けるには、洗って泥を落としカットしたあと軽く湯通しをして

ペーパーやスピナーで水気を飛ばしてから冷凍すると大丈夫だった。

キャベツ、ほうれん草、小松菜、青梗菜もばっちり冷凍することができた。

おそらくもう少しして春物野菜が出荷されるころにしだいに落ちついてくると思われるが、

また今年の気候次第で来年高騰するかもしれない。そのときは今回のスキル、

青汁、乾燥、冷凍で乗り切りたい!

 

今日の時事☆放談。

いつもだったら「ちょっとお肉ばっかり取らないでよ」とお肉の取り合いになるお鍋。

でも半年近く鍋の具の野菜を食べていない身体はとにかく野菜を欲している。

野菜よりも肉の方が安かったので肉鍋にしたら、家族から大ブーイング。

花より団子ならぬ肉より野菜。それにしても今年の桜は早いね!

 

Pocket

2018-03-29 | Posted in 時事☆放談No Comments » 
Comment





Comment