お手紙に付けたイラストレーション

4月になりまして

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション49】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

 

アッと言う間に4月になっていて。

桜が咲いている。あちらもこちらもお花見の季節。

会社の団体さんはたいてい夕方からなので、

昼間だとベビーカーのママ友さんたちが

お花見をしているのを通りがかりによく見かける。

 

 

友人と集まって桜を見て美味しいものを食べてちょっと飲んで。

お花見って、いいなあ。

考えてみたら春だけだ。秋にいくら紅葉がきれいでも紅葉狩りに

会社ごと出かけたりしない。

 

造幣局の桜の通り抜けは来週からか。

ついこの間年が明けたと思ったらもう3か月が経ったのか。

本当に早い、早すぎる。

 

桜の花もあっという間に終わるんだろうな〜。

 

Pocket

 

追うオニ逃げるネコ

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション48】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

 

近ごろの保育所や幼稚園での豆まきは、パパやママがオニを張り切りすぎて、

衣装や果ては特殊メイクまで駆使した笑えないくらいリアルなオニが登場し、

子どもたちがトラウマ続出だそうです。

 

「オニさんはショウガッコーに行った方が、

もっと大きいおにいちゃんやおねえちゃんがいるのに…」

なんて半べそで訴える子もいたとか。

 

ホンマやな、たしかにね。

その論理でいうと、オニよ、なぜ大学や高校には

現れず、小さな子どもばかりのところに現れるのか。

この卑怯者〜!

 

てんてんてん。男の子のオニ。

オニにリアリティはいらなくないですか?

秋田のなまはげじゃあ、ないんだから。

 

Pocket

 

枯葉舞いネコ跳ねる

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション47】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img879

 

本格的な冬が始まる少し前、葉が落ちる前にほんのひととき、

紅色や黄色の素敵な景色を見せてくれる紅葉。

日本人ならお好きでしょう。

 

春に散りゆく桜は儚くメルヘンチックでも、

紅葉は森が色づき楽しげにメイクをしているようです。

カラフルに咲いた森はまるで和菓子のよう。

色鮮やかな落ち葉がひらひらと舞い、

ドングリや松ぼっくりがその下に隠れます。

 

大阪と京都で紅葉といえば、

僕は大阪城公園、箕面の滝、思い出いっぱいな地元高槻の桜公園、

京都の嵐山、そして同じく高台寺ってところでしょうか。

渋い。決してポップではない。

哀愁。 だがなぜか心惹かれる。

 

ちょっとくすんだアースカラーの紅葉はまさに日本伝統の色。

和の色合いです。紅葉柄のジャケットがあったらパーティー用に欲しいです。

そもそも日本人は降ったり散ったり落ちたりするものが大好きで、

桜もしかり、雪や、滝などを 眺めては叙情を楽しむのです。

 

パッと花咲いて散っていく一瞬のきらめきの中に、

美しさや人生観を見出しているのかも しれません。

花火などはその最たるもので、 「祭りのあと」という言葉や

その雰囲気も 日本独特のものでしょう。

 

ちょっと寒いけれど、紅葉を見ながら花見ならぬ

紅葉見をしながら、熱燗に湯豆腐、里芋なんかを

いただきたいものです。

 

なんだかポエムのようになってしまいました。

今年ももうすぐ終わりです。

 

 

Pocket

 

ハロウィンとおじさん

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション46】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img824

 

今年のハロウィンは各地でピコ太郎やりゅうちぇるが大量発生したそうですが、

りゅうちぇるメイクは色合いなどもハロウィンぽくていいですね!

どっちも、もはやオバケの仮装とはかけ離れてしまっていますけれども…。

 

近年すっかり秋のイベントの地位を獲得したハロウィンですが、

元来は日本でいうところの収穫祭、感謝祭の儀式であり、

欧米では子どもたちが魔女やオバケの仮装をして

近所の家を一件ずつ「トリック・オア・トリート!」

(いたずらかお菓子か!)とまわり、近所の家もあらかじめ

小さな訪問者さんたちに配るたくさんのお菓子を

用意して、待ってくれているんですね〜。

 

なんて茶目っ気のある、メルヘンチックな、ええ話…!

地域みんなで子どもと関わって、見守る。お互いに良い関係です。

 

アメリカの児童書なんかでもハロウィンパーティは

よく描かれていて、ふだんはとっても怖い近所のおばさんが

おいしいケーキを焼いて待ってくれていたり、

おなかをすかせた本物のオバケが子どもたちに混ざって

家をまわる、なんていうほのぼのとしたエピソードが

たくさん描かれています(うろ覚えですけれども)。

 

日本のハロウィンはもうちょっと大人。

思い思いの仮装をして街を練り歩く、仮装パーティです。

最近流行のパーリーピーポー的なものと合体しているような感があります。

 

でもまあ、クリスマスは家族やカップルで過ごし、

バレンタインは告白や義理チョコを渡す。

なんだか淡いほんのりとした真冬のイベントだったわけですが、

ハロウィンはそれらとはまた違う、仲間とわーっと盛り上がれる

秋の風物詩になったのではないでしょうか。

 

そして翌日に大量のゴミを拾う商店会の方やボランティアさんの

姿も今やニュースの定番です。

近年ワールドカップの観客席を自主的にゴミ拾いする

日本人サポーターの姿が海外で話題になりましたが、

 

あれはスタジアムの清掃スタッフが「我々の仕事を奪わないでくれ」

なんていうコメントもありましたが、

そういうことではないのですね。掃除の本質は精神ですから、

一見、汚れていないように見える部分もしっかり掃除するのです。

他の人が掃除して自分の持ち場がきれいだ。

だったらもっときれいにすれば、良いのです。

 

誰に言われたわけでもないのに使った後は次の人のために

きれいにする、いわゆる「来たときよりもきれいにして帰る」

精神は日本の美徳だなあと。いいぞ日本人、と誇らしく思うのです。

 

ちなみに、もしうちに「トリック・オア・トリート!」と

ちびっ子さんが来ても酒のつまみくらいしか無いです…笑。

 

 

 

Pocket

 

十五夜とお団子とうさぎ

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション45】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img804

 

盗んだバイクで走り出す〜

のは、十五の夜。

お月見は、十五夜お月様。

 

十五夜、または中秋の名月は旧暦8月15日。

いわゆるお月見ですね。

 

ニュースで、「今日は十五夜です。空を見上げてみてくださいね」

なんていうのを観てはじめて、アッそうか、今日は十五夜か〜。

どれどれ、あ〜たしかにきれいな満月だな〜、なんていうのが9月の夜の定番です。

 

月って不思議な存在です。地球の周りをつかず離れずの距離で回り続け、

その引力で潮の満ち引きや、また満月の夜には子どもが生まれやすい、など、

昔から私たちの奥深いところでしっかりと結びついているのです。

しかも絶妙なバランス、距離感で。

 

生きているうちに月面旅行なんて行けないわけです、たぶん。

アポロ11号が月に行ったのは僕が生まれる少し前で、

少年の頃夢中で読んだ本や雑誌なんかでは、来る21世紀には車や電車は

リニアモーター技術で宙に浮いて走り、道路は手塚治虫の世界のように

透明のチューブパイプがぐるぐると張り巡らされた世界で、

人々は休暇でハワイやグアムに行くのと同じように、光学ロケットで

月面旅行を楽しむ様子が描かれていました。

 

静かの海を眺めるオーシャン・ビューのホテルで

優雅に宇宙食のフルコースを楽しむ人たち。

反重力テニスコートでテニスを楽しむ若者たち。

空の上には青い地球。

 

人類は世紀末を破滅せずに迎え、21世紀になってみて。

もう16年ですか。今のところ、宇宙ステーションの建設は進んでいますが

スペースシャトルも中止になり、月面着陸はあれから一度も

行われていません。その予定もありません。

月の次は火星だと言われていましたが、遠い夢になってしまいました。

 

なぜなら超! 天文学的なお金がかかるからですね。

当時の米ソ冷戦を背景とした軍事競争から発展した宇宙開発競争が

それを許したわけですが、今それを数10年単位で行うとするとヘタすると

国が潰れてしまうくらいの予算が必要になるのですね。

近年、中国も有人宇宙飛行に成功していますが、

日本もいつか独自技術で有人宇宙飛行のロケットを打ち上げてもらいたいものです。

 

とにかく、少年の頃SF雑誌で読んでいたような世界になるには

もうちょっと時間が必要なようです。20世紀最大の発明はインターネット

だそうですが、たしかにスゴイ技術ですが、電話や電灯、自動車や飛行機、

音速を超えついに宇宙へ飛び出し月面に降り立った20世紀に比べると

果たして21世紀にはいったいどんなことが起こるのだろう、そしてそれを

この目で見ることはできるのだろうかと、ワクワクドキドキ、楽しみにしています。

僕が生まれたころから開発が続くリニアモーターカーも開業までまだ数十年かかりますしね。

ドラえもんが生まれる予定の2112年9月3日までに、近未来はやってくるのでしょうか。

 

なんて戯言をほろ酔いで言っている間も

月は変わらずずっとそこにあって、僕らの夜を照らしてくれます。

 

後記)今年は68年ぶりのスーパームーンだそうですね。いつもの3割増し!?

スゴイっちゃあスゴイけれど、絶妙のバランスで回っていたのが数十年ぶりに

ちょっとバランスを崩しておっとっとっと…とこっちに寄ってしまった

のだともいえます。…何を言ってるんだろうか。

 

 

Pocket

 

夏の終わり

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション44】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img770

 

間違いじゃないですよ。

同じイラストを2枚描いたんです。

だけど本人も気がつかず細かいところで違いが

3箇所あります。さて、どこでしょう?

3つめはたぶん本人じゃないと絶対わからないと思います笑。

 

夏の終わり。夏にはたいていいろいろな出来事があって、

ああ、夏が行ってしまう、去って行く…。行ってしまうのね…

なんて少し刹那的な気持ちになります。

(暑いのは苦手なので助かります)

 

少年の頃の思い出といえばギラギラした太陽、セミの声、

カブトムシのにおい、砂浜で焼けるような足の裏の熱さ。

まあたいていが夏の思い出です。

 

それはたぶん少年にとって夏休みが一番長くて

楽しいことが満載だったということと、

季節の中でいちばん色や熱が強くて

記憶に焼き付いているからでしょうね。

 

海の家も終わって人がすっかりいなくなってから、

久しぶりにのんびり海に行きたいなと思いました。

 

来年はキャンプに行きたいなー。

 

Pocket

 

夏といえばスイカですね

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション43】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img731_2

 

夏といえばスイカですね!

先日テレビでスイカのシマ模様に対して垂直に切り、

そうすると種の列が一定幅で並ぶのでそれに沿って切り分けると

あ〜ら、不思議。

断面にスイカの種が並ぶからあらかじめスプーンでササッと

取り除いて、種のストレス無くスイカが食べられます!

 

というのをやっていて。ヒジョーに感心しました。

こんな方法、知っている人は前から知っていたのでしょうか。

 

(以下は想像です)

…小学生くらい、8月。

暑い昼下がり、田舎のおじいちゃんの家に帰省中。

テレビからは高校野球の金属バットの音、若い声援。

セミの声。風鈴の音。

おばあちゃんが切ってくれたスイカを

縁側に座って、ただ無心にかぶりつき、

種をプププッと庭に吹き出す。

 

「晩ご飯はな〜にしようかねえ」

「あら〜、○○さんトコのガッコ、負けてしもうたなあ」

「あとで生協行ってくるわ」

プププッ、プププッ。

ミーンミンミン。

 

宿題や自由研究は家に置いてきた。

な〜んにもしなくていい、自由な夏の午後。

スイカの種を飛ばすのも、スイカとセット。

 

おばあちゃんがもし、種の出ない切り方を知っていたら。

種を飛ばすことができない。

自由が、不自由になる。

 

もうすぐ夏が終わります。

 

Pocket

 

サーフィンをしている夢を見ました

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション42】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img729_2

 

サーフィンをしている夢を見ました。

 

サーフィンを習いたいな、と、ずっと思っているのですが

機会がないままこの歳になってしまいました。

 

若いうちだと先輩や経験者に連れて行ってもらって

いろいろとレクチャーを受けやすいと思うのですが、

 

歳をとってから新しいことを始めようと思うと

とりあえず何をどうしたらいいのか、カイモク見当も付かず、

そうやってまた、時間だけが過ぎていきます。

 

Pocket

 

雨ばっかりです

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション41】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img700_2

 

雨ばっかりです。

 

台風が発生していないだけマシかもしれませんが、

東南アジアに向かった台風に梅雨前線が吹き飛ばされて

日本列島に雨雲が勢いよくやってきてさらに

ものすごい量の雨が降るなんてとばっちりもいいところです。

 

被害が出ないことを祈ります。

 

それにしても子ども用の傘や長靴はどうして

黄色なんでしょうね。

 

カワイイですけど。

 

Pocket

 

雨が続きます

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション40】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img699_2

 

雨が続きます。

雨だと気分もユウウツになるので、

カラッと晴れたらいいなと思います。

 

そんなことをメールに書いたら、

東京では雨が降らなくてこの夏水不足に

なるかもしれないのだそう。

 

そりゃたいへんです。

水不足にならない程度にしっかり降ってください。

 

できるだけ夜間に。

 

Pocket

 

空前のネコブーム、ネコノミクス

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション39】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

空前のネコブームです。ネコノミクスだそうです。

 

ある教授によるとその経済効果は2兆円にのぼるそうです。

ネコ関連のグッズ、ゲーム、映画、イベント、すべて絶好調だそうです。

猫カフェは女子で超満員。猫居酒屋もたくさんできています。

 

いや〜何ででしょうね。いきなり。

大爆発ですね。

 

和歌山電鐵貴志川線、貴志駅の看板猫、

先代のたま駅長が脚光を浴びたのはもうずいぶん前ですし、

にゃんとも素敵な写真をローアングルから激写する

おそらく(猫関連で)世界一の動物写真家、岩合光昭さんの

写真集が話題になったのもずいぶん前のこと。

 

離島に猫があっちにもこっちにもい〜っぱい、

人口よりもネコ口(!)の方が多いような

いわゆる猫島が大人気となり、日本各地の

猫島ツアーなるものが流行したのも数年前です。

 

なにが、ってわけじゃなく、ここ数年の積み重ねで

じわじわキタのかもしれないですね。

 

我がヨシロウネコの地道な活動が

やっと実を結んだのかと思いました。

 

img666

 

 

Pocket

 

the いちねんせい。

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション38】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

4月はいちねんせいの季節です。

 

欧米の学校は9月入学が一般的ですが、

日本では桜が満開を迎える4月に

新年度、新学期を迎える学校がほとんどです。

 

当然、会社への新卒の入社もそうです。

 

春は出会いと別れの季節です。

近所を歩くといちねんせいがたくさん。

 

制服やスーツがちょっとぎこちなくて、

緊張したほっぺたをして歩いているから

すぐにそれと分かるものです。

img632

「初心忘るべからず」という言葉があります。

 

新しい場所で一生懸命、物事に慣れたり、

技術や知識を得るのは素晴らしいことです。

 

だけどひとは環境に慣れると慢心し、

なんだこんなものかと、敬う気持ちを失ったり、

ついつい自分にもまわりにも甘えた心を持ってしまいます。

 

技術や知識は向上しつつ気持ちだけは、

緊張したほっぺたで桜の門をくぐった

最初の日を忘れてはいけない、

そういう戒めの言葉です。

 

街のあちらこちらでいちねんせいたちの

姿を見かける度に、自分もそういう気持ちを思い出して、

仕事に取りかかりたいと思います。

 

そんなとき、こちらもつい顔がほころんでしまいます。

初々しくていいですね!

 

Pocket

 

毛馬桜之宮公園、桜のトンネルを走った朝

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション37】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img606

 

桜の季節になるといつも頭に浮かぶ桜のシーンがあります。

 

真っ白な朝の日差しと冷たい朝の空気。聞こえるのは自分の息づかい。

スローモーションのように四方八方に降り注ぐ白い桜吹雪。

動じずにその中をかき分けて、ただひたすら前に向かって自転車をこぐ自分。

美しい。美しすぎて、一瞬どこにいるか分からなくなるくらい…。

 

大阪湾へ流れ込む一級河川、淀川へ大阪市内を流れる大川が

合流する毛馬には巨大な水門があります。

いくつかの川が合流して琵琶湖から京都を通って大阪まで運ばれる

この水が無ければ我々大阪人は生活ができません。昔から大切な川です。

 

水門の門壁には「毛馬こうもん」と大きく描かれてあって、

横目で見ながら、これは小学生が喜ぶだろうなあ、と思っていました。

 

淀川の毛馬の河川敷から桜ノ宮まではサイクリングコースになっており、

その両側は桜並木。桜の季節は本当に圧巻で、見事です。

僕はこれ以上の桜の舞を観たことはありません。

 

細い小径を両側から桜の木が空も見えないほど

白桃色に覆いつくした桜のトンネルに

後ろの淀川の土手と右側の大川からの強い風に舞った桜の花びらが

これでもかというくらい、縦横無尽に降り注ぎます。

地面は降り注いだ花びらで桜のじゅうたん。自転車のタイヤが

進む度にさらに花びらを舞い上げます。

 

10年以上前、淀川の河川敷のサイクリングコースを実家から

大阪市内の会社まで30km〜40kmを2時間以上かけて通勤していたころがありまして、

仕事は忙しく徹夜か、早く終わっても終電近くまで毎日働いていたことを考えると、

深夜に帰宅して風呂に入って数時間休んだらもう出ないと間に合わないので、

よくもまあ倒れなかったなと今考えると恐ろしいですが、

若くて体力もあったのでしょうね。半年以上頑張りました。

 

当時、高校から13年にわたる交際が突然終わりを迎え、

死ぬほど落ち込んで抜け殻になっていた僕を励まそうと、

中学からの親友の誘いで始めました。

とにかく何も考えずにひたすらペダルを漕げ、と。

(もしくは今すぐ休みを取り列車の切符を取って富士山に登れとも

言われましたが、自転車通勤を選択しました^^;)

 

彼とは実家も近く、勤め先の会社も近所で、

道を教えてもらうために初日だけ一緒に走ってもらい、

ストイックな彼の速いペースについて行けなくて、

背中を追いかけて必死にペダルを漕いだのを覚えています。

全身筋肉痛、両腕はタイヤの振動で半日けいれんが続き、

とてもくたくただったけど、抜け殻の僕には思い切ったショック療法が必要で、

走っている間は何もかも忘れさせてくれて、気分爽快でした。

 

長距離用のロードバイクなんて持っていなかったので、実家に眠っていた

無印良品のかごの付いた重たいマウンテンバイクで必死に漕いでいました。

しばらくしてその彼が新しいロードバイクを買うから今まで乗っていたものを

譲ってくれ、その時に、

「春まで頑張れ。春になったらどうしても観せたい景色があるねん」

と言われたのです。

 

学生の時分から熱い男でちょっとクサい台詞を吐くところがある男なので、

ふーん、と返事をして忘れてしまっていたのですが、凍てつくような冷たい冬の河原を

走る日々が続き、寒さが次第にやわらいで土手に春の兆しが見え始め、

 

そして桜の季節になったころ、僕は彼が言っていた見せたいものが

なんだったのか、すぐにわかりました。

それが冒頭の、毛馬桜之宮公園の桜のトンネルです。

 

…すごかった。夢の中のようだった。

 

自転車通勤はその年だけで、翌年からは辞めてしまったので

桜を観たのはその年だけです。

 

あれから10年以上たって、今は大阪市内に住んでいて

もう早朝に淀川を走る理由は無いですが、

 

春になるといつもあの夢のようなイメージが浮かびます。

もしかしたらあの年も申年だったかも知れない。

そうだとしたら、もう12年前ですね。

 

僕たちの実家の辺りも大阪では桜の名所としてかなり有名なところなのですが、

それよりも箕面の桜よりも、万博公園の桜よりも、長岡の天神さんの桜よりも、嵐山の桜よりも、

あの桜の小径は僕にとって、特別な思い出です。

 

最近、縁あってロードバイクを譲っていただいたので(もらってばっかりやな)、

またあの河川敷に走りに行こうと思っています。

 

Pocket

 

「校正ありがとうございました」

Pocket

【お手紙に付けたイラストレーション36】

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img594

 

出版社において最も重要な部門のひとつは校正だと思っています。

 

文字が印刷機に印字され、製本されて世に出るにあたり、

校正というのは制作部門の最後の砦であり、正義です。

編集者、ライター、カメラマン、デザイナーは校正OKの許可を経て

はじめて校了になって印刷所へ次の段階へ進むわけです。

 

東京では校正専門の会社もあるそうです。

需要は高いでしょう。

 

間違い、正誤だけではなく、言葉や言い回しの統一表現などは

それぞれの出版社によって独自のルールが存在します。

 

「ください」「下さい」

「林檎」「りんご」「リンゴ」

「はさみ」「ハサミ」

などです。

 

小説家や漫画家の文章やネームに朱書きといって誤字脱字や言い回しや

ときには大胆にカットしたりするのは編集者の仕事ですが、

たいていはそれらが形になった際に改めて校正部門でチェックが入ります。

 

出版だけでなく、ポスターやCMなどの広告にも校正が必須です。

文字校正はもちろん、言い回しや広告表現が倫理的におかしくないかどうか、

そういった部分まで詳しくチェックするそうです。

これはかなり初期の段階でチェックしてもらわないと

撮影やグラフィックが完成してから指摘されても困ってしまいますが…。

 

そんなわけで、クリエイターが安心して制作をすることができて、

版元や広告主が世に本や広告を出すことができるのは、

陰で支える校正部門の力があればこそです。

 

このことは昔会社に勤めていた時からずっと思っていました。

在籍していたのは小さな会社でしたが職人気質の校正員がおられて、

見解の相違と言いますか、表現したい制作側と違和感を指摘する校正側の

「いや、それはあえてそうしているんですよ!」

「ルールはルールだから!」

みたいなやりとりで制作の現場とかなり激しくやり合う場面もあったのですが、

(ややこしいのは広告の場合、社内校正がOKでも上のクライアントがNGを出したり

その逆もあったりなど、校正ルールや意思が統一されていない場合。

作り手は泣きながら振り回されます。)

 

その方が退職されてからいろいろ納品後のトラブルがあったときに、

校正の大切さ、ありがたさが身に染みました。

これから時代がさらに移り変わりあらゆるものが電子化され、

デザインや広告、出版業界が大きく変化したとしても、

校正部門だけは決して無くならないでしょう。

 

インターネット上にあふれるデザイン、広告で

どこか違和感があるものがいっぱいあります。

きっと、プロの校正を通していないのでしょう。

このブログだってそうです。校正してもらえばおそらく

朱書きで真っ赤っかになって返ってくるでしょう。

 

この春、長年お世話になっていた校正部門の方が退職されました。

感謝の気持ちでいっぱいです。今までありがとうございました。

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション35

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img596

 

大阪では先週に開花宣言が出て、しかも満開予想は3月の28日ごろだと

いうことだったので、今年の満開はえらく早いなあ、

暖かかったもんなあ、なんて思っていたところ、

大阪城公園を通ってみたらまだぜ〜んぜんチラホラでした。

 

早くもお花見をしている団体さんやカップルもいましたが、

いつもの桜の花びら舞う雰囲気とはちょっと違って、

なんだか寂しい感じでした。でも集まってワイワイやるのが

楽しいわけなので、それこそ花より団子で大丈夫ですね。

 

桜舞うこの季節は春を迎える喜びもありますが、

郷愁といいますか、日本人特有の、どこかもの悲しい情緒もあります。

そういえばあのときも春だったな…。

あのひとはどうしているだろうか…。

 

なんだかノスタルジーに浸るというか、浸りたい気分になりますね。

 

そんなこの季節が好きです。

 

 

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション34

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

 

冬のアイロンは暖かくなるので好きです。

アイロンとアイロン台にはこだわりがあって、

アイロンはドイツはD.B.K.社/スチーム&ドライ・アイロン。

無骨ですが昔から変わらぬデザイン、プロ仕様の強力な蒸気が特長です。

 

アイロン台は立ってかけるタイプのRORETS (ロレッツ) 。

広いランドリールームのある外国向けなのでかなりの大きさですが、

アイロン置きが専用かと思うくらいピッタリで、

最強の組み合わせだと思っております笑。

 

霧吹きは細かーい霧がまんべんなく出せるパンづくり用の

新考社霧吹きを使用します。

 

しわが消えて、エリがびしっと決まったら気持ちもシャンとしますね。

もう40歳を超えた大人の男性なので、紳士の身だしなみとして

ハンカチなどもアイロンをあてて持ち歩かないといけません。

 

毎日はできませんが、たまに気分が乗ってきたら

何から何まで全部アイロンをかけたくなります。

パンツや帽子までも笑。

 

最近話題のパナソニックの衣類スチーマー、

あれ、どうなんですかね? ハンガーに掛けたまま

スチームを当てられるそうですが。

いや、やっぱりアイロン台に置いてアイロンがけでいいです。

 

それにしても食洗機もアイロンもそうですが、国内メーカーはみんな

撤退してしまって、ほぼパナソニックしか選択肢がないですね。

 

元SANYO好きとしてはハイアールで良い商品が出ていたりすると

複雑な気持ちになります。

 

日の丸家電はこのまま衰退してしまうのでしょうか。

家電好きとしてはせつないところです。

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション33

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

1602長いマフラー

 

最近そういえばマフラーを巻いていないですね。

 

実家住まいで駅まで原付バイクに乗っていたころは必需品でした。

メットは帽子型の半キャップ。

 

冬の原付バイクは何がキツイって、唯一肌が露出しているのが

顔だから、冷たいのなんの。だからマフラーをグルグルに巻いて、口元まで隠してしまいます。

 

でもいつのころからかマフラーをしなくなりました。なんでだったかな。

確か、大阪だったと思いますが学生さんかOLさんだったか、

走行中マフラーがバイクのタイヤに絡まってしまう痛ましい事故が相次いで、

マフラーを巻いてのバイクや自転車は絶対ダメだ!

ということになってからだと思います。

 

それからちょうど同時期に環境が変わって原付バイクに乗らなくなったのもあり、

大阪市内に住んでからは自転車や車での移動が多くなって

自転車はマフラーなんてしていたらすぐに暑くなってしまうし、

地下鉄は温かいからマフラーの必要がありません。

 

だからマフラーの思い出と言えば一番思い出す風景は

学生服のころが主で、学校帰り寒い冬の公園や河原、駅前デパートの屋上で

温かい肉まんや回転焼きやたこ焼きを食べたり、

ホットの午後の紅茶を飲んだりしていたころの甘酸っぱい思い出が蘇ります。

青春ですな〜。

 

我々が学生のころはまわりでもクリスマスやバレンタインのプレゼントに

手編みのマフラーって、けっこう普通にあったと思いますけど、

 

さすがに今は珍しいんでしょうか。今でもあるのかな?

手編みのセーターにマフラー。さすがに頭文字が入ったペアルック、

なんていうと古き良き神田川の時代ですけれど笑。

 

そのころはきっと手編みが倹約になったのでしょうけれど、

現代はブランド物のマフラーでもない限り、既製品よりも毛糸を買う方が高く付く時代。

手編みのマフラーやセーターのプレゼントはいまや高価な贈り物になりました。

 

そういえば小さいころ、冬になると手のあかぎれがひどくて、痛々しいからと、

近所のおばちゃんが手袋を誕生日に編んでくれたのを思い出します。

編み物は相手を想うやさしい気持ちも詰まっていますね。

 

そんなことを考えました。

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション32

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

 

毎日寒い日が続くと鍋率が高くなってまいります。

カンタンですし。

 

フィギュアスケート金メダリスト羽生結弦選手は小食を改善するために

大好きな鍋を毎日アレンジして食べたのだとか。

色んな種類の材料を暖めて、ゆっくりと摂取できるので

鍋はとても身体に良いそうです。

 

日本の伝統、出汁(だし)も今味噌や醤油と同じように

世界中で注目されていますもんね。

 

鍋のシメはやっぱり麺。雑炊も良いけど、やっぱり麺を

ずずーっとすすりたいのです。

 

魚介系や味噌系の鍋にはうどん、塩系や鶏系の鍋にはそば、

キムチ系や醤油系はラーメン、クリーム系にはパスタ…。

 

鍋が毎日続いて、シメの麺も日替わりで登場し、

ここのところエンドレスにくり返しになっております。

 

鍋バンザイ! 麺バンザイ! 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション31

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

1601omotinokyoudai

 

おもちのきょうだいがプク〜っとふくれております。

 

僕が子どものころは寒いこの季節ともなると、

しょっちゅうどこかで餅つき大会が行われていました。

 

町内会、子ども会、小学校、近所のお寺や教会、商店街、駅前デパート。

参加するとたいてい無料でつきたてのお餅がふるまわれました。

 

餅つき大会の日ともなれば朝から子どもも、大人たちだって、

何食わぬ顔だけど嬉しそうにどこかソワソワしていて、

みんな餅つき大会が大好きでした。

 

もち米が蒸し上がったら、いよいよ餅つきの始まりです。

真っ白い湯気を立てて臼に餅米が投入されます。

まるで伝統行事や厳かな神事のような気さえする瞬間です。

 

それ! はい! なんてかけ声とともに

杵で餅をつく人、臼で餅を返す人の絶妙の間合いが楽しくて、

ぺったん、ぺったん、という音も楽しくて、

つい見入ってしまったものです。

 

おじいちゃんたちに「そんなへっぴり腰じゃアカン」なんて

だめ出しをされるお父さんたち。

餅つきの先輩、後輩です。

 

そしてつきたて熱々のお餅を手際よく丸めて

砂糖醤油や海苔巻き、きなこ、あんこをどんどん作っていく

頭巾をかぶり割烹着を着たおばあちゃんたち、お母さんたち。

 

婦人部とでもいうのでしょうか。割烹着を着た女の人が手際よく

お餅やおにぎりなどをどんどん、どんどん、握っている姿は

子どもながらに本当に頼もしくて、心地よくて、素晴らしくて。

 

子どもたちもお餅をつかせてもらえるのですが、

やっぱり年季の入った大人にはかなうはずも無くて、

大人たちの優しいまなざしで見守られながら、形だけ

ぺたっ、ぺたっ、と餅をついたのを覚えています。

 

餅つきなんて、もうどれくらいやってないだろう…?

 

最近の家電は進化してパンを焼くホームベーカリーでお餅も作れるので

正月など実家へ帰ったらつきたてのお餅は食べさせてもらえるのですが、

 

あの杵と臼でついた熱々のお餅と、冷たい空気と白い湯気、

みんなで一緒に作って食べるあの雰囲気を思い出すと、

ボタンひとつで簡単にできてしまうお餅とはまた別物な気がします。

 

久しぶりに集まってバーベキューしようぜという話になることはあっても

餅つきしようぜとはなかなかなりません。

第一杵と臼がありません。

 

炭火であぶったお餅がぷく〜っとふくれたら醤油をたらして海苔を巻いて、

熱燗か米焼酎と一緒にいきたいですね〜。

大人になってからは、大根おろしでいただくのも大好きです。

 

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション30

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img513

 

いつのまにかもう2016年も1か月が経ちました。

たぶん、あ、ちょっと暖かくなったなと思ったら

すぐに春がやってくるでしょう。

 

2016年は1日1日を大切に過ごそうと決めながら、実践できていません。

20年前の純粋で希望あふれる、

大空を羽ばたくような気持ちを思いだして、

初心に返り楽しんでたくさん描きたいと思っています。

 

また新しいことにも挑戦してみようと思います。

楽しみです。

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション29

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

1512santa

 

もうクリスマスの週なのですね〜。

サンタのおじさんにおかれましては、

このタイミングで風邪などひいてしまってはたいへんです。

どうかお体を大事になさってください。

 

そしてあわよくば、クリスマスの2日後、40歳になる

どこかのおっさんにも「いつもガンバットルね」などといって

MacBookなどを置いていってもらえると、たいへんうれしいです。

 

あっ。もしホントにお願いを聞いてもらえるのなら、

ハードディスクはSSDの1TB仕様でお願いしますね!

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション28

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img338'

 

間違い探しではありません(笑)。

ちょっと着色が違いますが、2枚描いたものです。

 

運動しやすい気候になったせいか、公園をジョギングする方が

たくさんいらっしゃいます。紅葉はまだちょっと早いのかなと

いうところですが、落ち葉がひらりひらりと舞い落ちてくる中を

散歩したり、走ったりするのはとても気持ちが良いものです。

 

もうちょっとしたら、吐く息も白くなるのでしょうけれど、

今のところは、暑くも無く寒くも無く、ちょうど良い季候です。

この週末の雨風でみんな散ってしまわなければ良いんですが。

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション27

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img333'

 

大阪マラソンが終わり、いわゆる「城ランナー」方の数も少し減ったように思います。

春と秋がジョギングにはいちばん適した季節ですよね。

 

今年は大阪城公園の隣に森之宮キューズモールも開業し、

ランナーにとってはより環境が整ったということですが、

最近の大阪はいわゆる「爆買い」というのでしょうか、

大型観光バスで移動する大規模観光客の方々がどこへ行っても

たくさんおられて、まるで民族大移動のようです。

ホテルも全然予約が取れないらしいです。

 

大阪城公園も連日、平日でもものすごいにぎわいです。

観光客の皆さんはたいてい楽しさのあまり、

前を見ずに興奮して縦横無尽に歩かれたり急に立ち止まったりされますので、

ゆっくり走っている環境ではないかもしれません。

 

もう少ししたら、紅葉の季節です。今年もきれいでしょうね。

舞い散る落ち葉の中ジョギングを楽しむのもいいものですね。

 

僕はもっぱらウォーキングですが。

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション26

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img332'

 

祭りの後、なんて言葉がありますが、

ちょっと寂しい気持ちになりますよね。それに大量のゴミ片付け。

今朝からたくさんの子どもたちがボランティアが昨夜のゴミを清掃しているというニュースを観ました。

大人が大騒ぎして出した大量のゴミを、翌朝から子どもたちが掃除をする。

…ちょっと、考えないといけないですよね。

 

イラストはハロウィン仮装後、収穫したお菓子を持って帰って

ふうっと一息つく子どものようすです。

いや、僕は子どもがいないので心情は分かりませんが、ひと仕事終わったぞーって感じで

ちょっとこっちも祭りの後と近いような、シュールな気がしたので。

実際、どうなんでしょうか。また教えてください。

仮装をして家を一件ずつ回るのですからそりゃあ疲れますよね。

 

日本人の仮装好きは世界一といわれています。

ちょっと恥ずかしがりな国民性で、衣装を着ることで自分を解放できるのでしょうか。

匿名掲示板が人気なのも、ゆるキャラなんかもそれに通じるものがあるのかもしれません。

 

今回のハロウィンの経済効果は今年のバレンタインデーを上回ったそうです。

これが終わったら次はたちまちクリスマス一色ですね。

もう今年もあっという間です。

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション25

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img331

 

いや〜、今晩は街中がハロウィンで盛り上がっていますね〜。

むしろ楽しんでいるのは大人ですね。

でも仮装って楽しそうですもんね。年に一度くらいいいんじゃないでしょうか。

 

万が一、ピンポーンとチャイムが鳴って、仮装をした子どもたちが

「トリック・オア・トリート!」って来たらどうしようか、、。

お菓子ったって柿ピーくらいしか無いぞ。コンビニで何か買ってくるか…?

でも来なかったらなあ、なんて考えているうちに日付も変わり、

要らぬ心配、大丈夫だったようです。

 

地域によっては本場さながら子どもたちが家々を回るところもあるようですが、

もちろんちゃんと事前に承諾したおうちだけだそうです。

まあ、そらそうですよね。

なまはげはどうなんだろうか…。

 

ニュースで渋谷で警官が仮装した男に殴られたということですが、

DJポリスで無いことを祈ります…。

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション24

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img291

 

ラグビーのW杯イングランド大会、

日本代表の初戦南アフリカ戦、素晴らしかったですね。

 

印象的だったのは、オリンピックなどでは日本がメダルを取ると

必ずと言って良いほどルールが次回から不利に変わったり、

五輪はヨーロッパのものだ! という良くも悪くもそういった

意識がとても強いと思っていたのですが、

 

今回日本が勝利するやいなや地元を中心に新聞、TVでは

トップニュース扱い、大フィーバーが巻き起こり、

日本代表のユニフォームやグッズ関連はすべて売り切れてしまったという

過熱ぶりです。

 

ハリー・ポッターの作者であるJ・K・ローリングさんも

ツイッターで「こんな話は書けない」と言ったとか。

 

イギリス代表、ではなく

スコットランド、イングランド、アイルランド、ウェールズと分かれており

元々は町対抗の名誉をかけた戦いだったそうで、

 

おそらく、ラグビーというものがそれだけ

歴史的に根付いていて、健闘した物には惜しみない

拍手と栄誉が与えられるという古き良き伝統が生きているのでしょう。

 

日本代表は残念ながら第2戦で負けてしまいましたが、まだ次があります。

野球やサッカーの影に隠れがちなラグビーですが、どうか

頑張ってもらいたいです。

 

それにしても五郎丸、って、カッコイイ名前やなあ…!

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション23

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

pocal

 

 

446の方のブログでも書きましたが

一般社団法人保育・子育てネットの編集部門、pocal(ポカル)さん。

 

この度はまことにありがとうございました。

相も変わらず素晴らしいです。

 

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション22

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img284_tsukimi

 

先日、2015年9月27日、

この季節の風物詩である中秋の名月、十五夜が終わりました。

 

なんですか、最近では中秋の名月のことをスーパームーンと

呼ぶらしいではないですか。

 

なんとも。なんでも横文字にしたらいいというものではありません。

中秋の名月の方が風流な感じがしていいのに。

スーパームーンというと特急列車か近所の格安スーパーか

はたまた美少女戦士みたいじゃあないですか。

 

じゃあ、月うさぎもムーン・ラビットで

お餅では無くワッフルかなんかをこねていることに

なるのでしょうかね。

 

しかしまん丸お月様はいいものですね。

昔から月の満ち欠けには科学では証明の付かない

不思議な力があるといわれてきました。

 

大阪が誇る下町の味、満月ポンでもかじりながら

月見酒といきたいところです。

秋の夜は寒くなってきたのでぬる燗で。

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション21

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img278_2

 

月を見ながらお団子を食べる風習とは、

この平成の世の中にあって、はたして

どのくらいのご家庭でなされていることなのでしょうか。

 

春に桜餅や三色団子はまだ巡り会ったことがありますが、

この時期「まあまん丸なお月さんだこと。おほほ」

などと言いながら月見団子を呼ばれる。

 

まさしく貴族ですな。

まあ日本の職人芸である伝統的な和菓子が

洋菓子にやられて年々衰退の一途をたどっているといいます。

 

いわゆる「再生デザイン」の力で再び全国的に脚光を浴びた

ブランド、地域もあります。

月を見るときは必ず月見団子をいただくと

決めてしまったら良いのでは無いでしょうか。

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション20

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img222

 

残暑がまだまだ続きますが、日が沈んでからは

ずいぶんと涼しくなりました。

夏の終わりですね。

季節の変わり目はどこかさみしいものです。

 

窓を開けて涼しい夜風を迎え入れながら、

夜空を見上げて、思い悩んでいた思秋期の頃を思い出し、

あれからずいぶん時間が経ったけど、

 

今はいったい何を得て、何を失ったのかなあ、なんて、

ちょっとセンチメンタルな気持ちにもなります。

 

まあ、そうやって考える余裕を持てるくらい

涼しくなったのはとにかくいいことです(笑)。

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション19

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

1508_maturi

 

祭りの晩は、道行く人たちの雰囲気もみんな楽しそうです。

なんで祭りって心躍るのでしょうね。

 

ここ数年は祭り囃子や花火の音や楽しげな笑い声を聞きながら

仕事部屋で仕事をしていることが多いです。

 

正直、ソワソワします。

 

だけど、心惑わされず一心不乱に仕事に打ち込む、

それこそがプロフェッショナルなのだと思います(ウソ)。

 

たこ焼きとフランクフルトとあげ玉と発泡酒じゃ無いビールが

飲みたいですね〜。

 

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション18

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img188

 

 

高校野球。

小さい頃は夏休みになると真っ黒に日焼けした

お兄さんたちが打って走ってする姿に子どもながら

胸を打たれるものがあって、感動していたのですが、

いつの間にか高校球児の2倍以上の年齢になってしまいました。

 

それでもやっぱり彼らが一生懸命

打って投げて走って、泣いて笑って

する姿は、清々しく胸を打たれるものがあります。

 

将来の日本球界の宝であるピッチャーに

連投させて肘や肩を壊しかねないやり方は、

もう少し考えていかないといけませんけどね。

 

真夏の炎天下に開催する意味があるのか、

などとも言われておりますが、

やはり真夏の青空に白球が

よく似合うのではないでしょうか。

 

春のセンバツの立場無し…!

 

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション17

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

1508ice01

 

昔懐かしのドラキュラアイス、その名もクロキュラーって覚えていますでしょうか。

 

食べたら舌が真っ黒になるアイスって言えば

覚えている方もおられるのでは。

 

友達と駄菓子やで買って食べてからその子の家に

遊びに行って、お母さんが真っ黒の下を見てキャー!

と悲鳴を上げたのを覚えています。味も結構美味しかったような。

あのいかにも身体に悪いんですぜ、っていう毒々しい感じが

逆に良かったんですよね〜。

 

もう販売終了になっていて、4、5年前にロッテから復刻版が出ていたのも

今回初めて知ったのですが、今年はローソン限定で同じくロッテから復刻版が

出ているのですね。

 

ただ…。

 

ローソンだからって、アオキュラー。

青いのです。

アオ〜。

 

見た目、ソーダ味のアイスと変わらんや〜ん!

あ、中身は黒いようです。

 

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション16

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

150720hot

 

 

知らなかった。近畿地方、梅雨明けしていたんですね。

今日も結構な雨で、週末も次の台風が上陸かどうかなどと

言っているので、まだだと思っていました。

 

僕は超絶汗かきで、この時期ちょっとした用事で

自転車をこいで出かけるとそれはもう、全身びっしょりで

帰宅後そのままシャワーを浴びないといけないくらいです。

 

会社に通っていた頃は、真夏の満員電車が本当に苦手でした。

電車に乗り込んだらクーラーが効いていてそんなに暑くないのですが、

そこまでの道のりですでに汗腺は臨戦状態、後から後から吹き出て、

周りの人に申し訳なく気を遣うからです。

 

真夏は打ち合わせのときなんかも汗びっしょりで、止まりません。

だいぶ昔ですが、真夏に売り込みに行った先でやっぱり汗びっしょりで、

新人で緊張もあったのでしょうけど、え、雨降ってる?っていうくらい

びしょ濡れでした。作品を見ていただく先方のきれいなお姉さんに

どうぞお使いください。などとタオルを渡されて、売り込みに来てるのに

何やってるんだと、、もう恥ずかしくて情けなかった思い出があります。

 

そんなことで着替えのシャツを2、3枚いつもカバンに常備していたのですが、

数年前、速乾のドライシャツが発売になったときは本当に

感激しました。汗はかいても、すぐにサラッと乾くのですもの。

そう、俺は何も見てないよ〜っていうように。

 

なので真夏はできるだけ夕方から行動します。

その目的が生ビールだったりする日は最高です。

 

この時期いつも思うのですが、

外回りなど、うだる暑さのなか汗だくになって

お仕事をされている方もたくさんいらっしゃるのに、

エアコンの効いた快適な部屋で仕事を

させてもらっていることに本当に感謝です。

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション15

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

 

1507taihuutokasa

 

 

 

今回の台風では主に西日本、僕の住んでいる近畿地方も大きな被害を受けました。

亡くなられた方や、浸水被害に合われた方もいらっしゃいます。

 

鉄筋コンクリートのマンションは思ったより頑丈で、少しくらいの雨風では

びくともしません。吹きすさぶ雨風と共に雷鳴とどろくような夜はやっぱりちょっと

おっかないですが、戸締まりをしっかりして布団をかぶって寝てしまえば

起きたときはもう、太陽が元気にやさしく顔を出していたりして、ホッとします。

 

家の中だとそんな感じなのですが、

ちょっと郵便局やコンビニにどうしても行かないといけない

用事があって、外に出てみると、あきらかに尋常じゃ無い風量と雨量で

いつもの道路や川が怒っているようで、とても恐ろしく感じます。

 

傘というのは普段上方から降る雨を防いでくれる文明の利器ですが、

あらゆる角度から攻めてくる、台風の猛威の前では全く意味を成しません。

あっという間にひっくり返ってしまいます。

ひっくり返った傘をまさかその場に捨てていくわけにも行かないので、

コンビニの傘立てに刺して、また持って帰る切なさよ…。

 

アウトドアやスポーツギアの分野では防水、撥水技術の進化が著しく、

ゴアテックスが有名ですが、その能力はかなりすごいことになってきていると聞きます。

 

折しも2015年6月から自転車に関する道路交通法の改正により、

傘を差したままの運転はNGになりました。

大阪ではほぼすべてのママチャリに標準装備されている

「さすべえ」も今後どうなるか分かりません。

 

思えば傘は年々素材や価格こそ年々進化してきたものの、

その柄を持ってさす、という基本性能はもう何十年も変わっていません。

 

傘に変わる何かすごいものか、もしくはレインコートの進化形、

レイン帽でもいいです。何か、ここらで素晴らしいものが

出て来てくれることを望みます。

 

ちなみに傘の柄にmtを巻き付けておくと、カワイイし盗まれなくて

いいですよ〜。

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション14

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img110_2

 

 

自分がその作業過程が苦手なこともあって、編集者さんという仕事をとても尊敬しています。

いろいろな方とお仕事をさせていただく中で、その方が転職や退職、独立、

遠方にお引っ越しをされたりすることもありますが、

 

数年経ってまたこの業界に就職をされたり、フリーになられたりで

またご指名くださって一緒にお仕事ができることは本当にすごくうれしいことです。

そして久しぶりに一緒にお仕事をするとその方の技がさらに

パワーアップしていたりして、お〜すごい! って思って

自分も負けないぞ、と思ったりもします。

 

僕はすごく才能があってこの仕事をしているわけではないのですが、

幸いなことに、人のご縁には恵まれているなあと、最近よく思うのです。

 

 

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション13

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

img111_2

 

今月から自転車の法律改正で

今まで時代に沿っていなかったり、グレーゾーンだった部分が

罰則を含めかなり厳しくなりました。

カサをさしながらの走行がアウトになりました。

 

雨の日に傘を差してイヤホンで音楽を聴きながらスマホを片手に

結構な速度で走っている自転車は本当に危ないので

道路整備とセットで規制がが必要だと思っています。

 

こうなってきたらいよいよ! あの!

「さすべえ」の本格的な出番ですね!

大阪ではママチャリにはほぼ装備されている

当たり前の装置なのですが、全国的にはあまり

知られていないと以前テレビで観て驚いたことがあります。

 

…自転車のハンドルに傘の柄を固定して疾走する光景だ。

固定装置の商品名は「さすべえ」。

大阪では、腕を覆うアームカバー、日よけのサンバイザーとともに、

女性にとって真夏の「三種の神器」と言われるようになった…

(2014.6.22 産経ニュースより)

 

「三種の神器や〜!」と言っている人にはまだ出会ったことがありません。

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション12

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

麦茶やそうめん

 

風呂上がりに冷えたビールというのももちろん

極上の楽しみのひとつであることは間違いないのですが、

いかんせんそのあとの仕事に差し支えます。

やっぱり夏の冷えた麦茶というのは

冬の温かいコーヒーと同じくらい生き返ります。

 

それにしても。

「プハー」ってマンガでしか見たこと無いと

思っていたら自分の口から出ていました。

もはや魂の叫びです。

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション11

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

 

やっぱり部屋の中に緑があると心が健やかになりますね。

これが山の中だとありがたみが無いのですね。

あくまで都会のオアシスだから、良いのです。

 

すでにちょっと黄色くなって落葉してしまっているのでとても

心配しているのですが(どなたか詳しい方に診ていただきたいくらいです)

できれば末永く元気で過ごしてもらえたら良いなと、敬意を持って

考えておるのであります。

 

Pocket

 

お手紙に付けたイラストレーション10

Pocket

請求書のお手紙に付けたイラストレーション。

 

本当はお会いしていろいろお話ができればいいいのですけど、

普段なかなかお会いできないので、せめてこうやって

感謝の気持ちを図柄にして表現しています。(どこがや!)

本当にいつもお世話になっております。

 

150525お礼のお手紙

 

5月は本当に暑くも無く寒くも無く、心地よい風の吹く気持ちの良い季節です。

もうなんでもかんでも洗って干したい季節です。

秋まで仕舞っておくような冬物や、普段あまり洗わないようなラグとか、

ランチョンマットにトートバッグ、果ては眼鏡拭きなんかも。

気分が良いですね。

 

 

Pocket